ライブコミュニケーティングアニメ『こちむす』って何?

Pocket
LINEで送る

こんにちは、広報担当の成田です。今回の記事では、MUGENUPのオリジナルコンテンツ『こちら娘島高等学校ほーそお部』の紹介をしたいと思います。
1
『こちら娘島高等学校ほーそお部』公式サイト

『こちら娘島高等学校ほーそお部』って何?

小笠原諸島にある人口4500人の離島、娘島(むすめじま)。小学校、中学校の頃からアイドルとして有名になることを目標に都内で活動していた榎本かなでは、引っ越し先であるここ娘島で、隠れアイドル志望だった市長の娘、白州あすなと出会う。二人は「目指せ!トップアイドル!」を目標にShowroomでの海賊放送を開始する。

こんな世界観でお届けするアニメーションが『こちら娘島高等学校ほーそお部』です。通称『こちむす』と呼ばれています。MUGENUPのオリジナルキャラクター、オリジナル企画として2014年からオンエアを続けています。毎週月曜日の21:00〜21:30に、DeNAの運営する「Showroom」で、基本無料でお楽しみいただけます。

二次元と会話出来ちゃう!

このアニメ、普通とちょっと違うところがあります。それは、「登場するキャラクターとリアルタイムに会話出来てしまう」のです! 二次元とコミュニケーションをとりたい! 付き合いたい! という話は、あちこちで耳にしますが、それを形にしたのがコチラの企画です。リリースと同時に非常に注目を集めました。

2次元とリアルタイムで会話! 「こちら娘島高等学校ほーそお部」配信開始(KAI-YOU)

DeNA、「Showroom」でアニメキャラとの対話型コミュニケーション番組を開始(CNET)

キャラと会話もできる!新感覚アニメ『こちら娘島高等学校ほーそお部』とは(MATCHA)

DeNAのShowroomで活躍中! 結構人気のコンテンツになってきました!

show
『こちむす』はDeNAが運営するShowroomという場所で活動しています。様々なライブコンテンツが楽しめる、このプラットフォーム初の二次元アイドルとしてデビューしました。現在は「えぬすて」という番組も二次元からShowroomを盛り上げる仲間になっています。

ライブコンテンツが楽しめる…というと、ニコ生を思い出す方が多いかと思います。ニコ生とShowroomの最大の違いは、「出演者をアイテム(一部課金)で応援できる」ところです。通称コンペイトウと呼ばれる無料のスターから始まり、1万円以上する東京タワーなどアイテムの種類は豊富! 有料アイテムの売上の一部は出演者に支払われるので、出演者を応援する気持ちをアイテムに込めて投げ込むのが特徴です。

『こちむす』は、数少ない二次元アイドルとして検討中! 2014年11月には、並み居る人間のアイドルと肩を並べて4位を獲得しました。
4

ライブコミュニケーティングアニメ技術(特許出願中)が支えています!

この「2次元と会話できる」仕組みを支えているのが、「ライブコミュニケーティングアニメ技術」です。画像認識や3D技術をUnityで統合して開発したこの技術によって、リアルタイムに「中の人」の動きがキャラクターに反映されるのです。

この「ライブコミュニケーティングアニメ技術」は、実はMUGENUPが特許出願中です。2014年には、アメリカで開催されたUnity最大の技術イベント「UNITE2014」にゲストとして呼ばれ、技術とビジネスについてプレゼンさせていただきました。世界中の皆さんの前で、『こちむす』のデモを披露しました。

(参考リンク)
MUGENUPがUnity Technologies主催のイベント“UNITE 2014”に登壇、「ライブコミュニケーティングアニメ技術」について発表(資料公開中)

「中の人」は声優の清都ありささんと冨岡美沙子さん!

視聴者の皆様とコミュニケーションが取れる『こちむす』にとって一番大事なのは、「中の人」です。普通のアニメのように、きちんとセリフが読めるだけではダメで、視聴者と臨機応変にコミュニケーションを取りながら、番組を進行する必要があるので、とっても難しい役割です。

この大事な役割を引き受けてくださっているのが、声優の清都ありささん(白州あすな役)と、冨岡美沙子さん(榎本かなで役)のお二人です。「リアルタイム」アニメなので、毎週月曜日にはスタジオに元気に足を運んで下さり、21:00からのオンエアに臨んでくださっています。

視聴者とのコミュニケーションによって、予定していた台本とは違う流れに話が展開することもしばしば。それを大胆かつ楽しい方向に進行してくださるお二人あっての『こちむす』です。

そして1000人以上のファンに支えられています!

最後に、『こちむす』にとって最大の宝は、毎週オンエアを見に来てくださるファンの皆様です。これまで40回近いオンエアを重ねているのですが、毎回少しずつファンが増え続けています。最近では毎回1000人以上の視聴者の方に見に来て頂いています。

スタッフも中の人も、視聴者の皆様のお名前(ニックネーム)を覚えています。よく発言してくださる方、ギフトを投げてくださる方、番組終了後にTwitterなどで話しかけてくださる方は、オフィスでいつも話題になっています。常連さんがオンエアにいらっしゃらないと「今日は体調でも悪いのかな?」と心配になります。

こんなかんじで運営を続けている『こちら娘島高等学校ほーそお部』、まだご覧になっていない方はぜひ一度Showroomにお越しください。毎週月曜日21:00〜無料で視聴いただけます!

★2015年1月9日〜2015年1月26日限定で、『こちむす』の衣装デザインをコンテスト形式で募集中です! 気になる方は、以下のバナーからMUGENUP STATIONをチェック!
78_top

Pocket
LINEで送る