MUGENUPのイラストコンテストって本当にデビューできるの?

Pocket
LINEで送る

MUGENUPではクリエイター向けサービス「MUGENUP STATION」で、イラストコンペ・コンテストを開催しています。MUGENUPがお仕事を依頼するクリエイターさんを発掘する「コンテスト」と、クライアントさんが決まっていて賞金が出ることも多い「コンペ」をどんどん展開しています。この記事では、MUGENUPのコンペ・コンテストをご紹介しつつ、デビューまでの道筋をお届けします。

MUGENUPではコンペ・コンテストを80回以上実施!

最初のコンテストは2012年7月に同時開催された「第1回 イラストコンテスト(真田幸村キャラクターデザイン)」でした。当時は戦国をテーマにしたタイトルが非常に流行していて空前の戦国クリエイター不足でした。最初のコンテストには約20件の応募をいただきました。

01banner

コンテストを開催してみると、ポートフォリオには三国志や戦国時代のイラストは無くても、鎧や武器が上手な方や、迫力のあるポーズが描ける方が何名も見つかりました。コンテストで隠れた才能を発見して、お仕事につなげられることが分かった瞬間でした。

コンテストはデビューのキッカケ。これまでに500人以上がデビュー!

そこからは色々と工夫をしながらコンテストの回数を重ねてきました。最初のコンテストから大きく変わったのは、一枚絵を投稿してもらうコンテストを減らし、「線画のみ」とか「背景のみ」といった特化型のお題を増やしました。これは、MUGENUPが分業制作を取り入れているので、より特化した能力を持った人をピンポイントで探したほうが、お仕事につながる確率が圧倒的に高かったからです。

02banner
▲こちらは「厚塗り」特化のコンテストです

これまでに合計で500人以上が、コンペ・コンテストをキッカケに、実際の仕事をスタートしました。受賞してスグにお仕事につながる方もあれば、しばらくたってからピッタリのお仕事が見つかる方も多数いらっしゃいます。コンテストを通じてポートフォリオ作品の数と幅を増やすことで、お仕事に確実に近づきます。

71G4ujwO
▲ アートディレクターに大出世したクリエイターの作品!

コンテストから最も出世 (?) したのは、記念すべき第3回コンテストで始めて入賞したクリエイターです。彼はコンテストがキッカケでMUGENUPの在宅イラストレーターとして仕事を始め、バリバリと稼ぎ……約1年後にはMUGENUPのアートディレクターとして社員になりました! 今はコンテストのお題を出す側に回っています。

コンペはデビュー直結型! LINEスタンプやラノベ表紙デビューも多数!

コンペは、企業タイアップで実施されます。MUGENUPのコンテストが評判で、ここでタイアップをしたいという要望をいただくようになりスタートしました。魅力は高い確率でのデビュー直結と、豪華な商品や賞金です。例えばこんなコンペが開催されました!

★Tencent×MUGENUP GIFアニメスタンプ デザインコンペ
賞金50万円! 金賞案はWeChatのスタンプに採用!

★アンタッチャブル「ザキヤマさん」キャラクター化コンペ
LINEの「ザキヤマさん」公式スタンプに採用! 現在も好評発売中!

★『ガチャウォリアーズ』キャラデザコンペ
人気ゲーム『ガチャウォリアーズ』にキャラクターに採用!

★講談社 ✕ MUGENUP 「第一回LINE ノベル大賞」イラストコンペ
3名が表紙&挿絵の作家としてデビュー! 紙の本で講談社から出版されました!

★講談社×MUGENUP 女性向け小説表紙絵コンペ
電子書籍の表紙作家として60人以上がデビュー!

banner2
▲他にも、ソフトやペンタブがもらえるコンペも多数実施しました!

講評はアートディレクターからのお礼の気持ち!

MUGENUPのコンテストは受賞者を発表して終わりではなく、イラスト技術向上の参考にしてもらえるようなアドバイスを文章にしてお伝えしています。コンテストに参加頂いても実際にお仕事につながらない方の方が多いので、そういった方に少しでも参加してよかったと思っていただきたい、という思いでみんなで丁寧に書いています。

t

MUGENUP STATIONでアクセスが圧倒的に多いのは過去のコンテスト講評です。すごく昔の講評まで遡って読んでいただけているようです。この講評はアートディレクターにとっても、ことばで絵を説明する修行になっています。慣れていないアートディレクターは、何度も書き直しをさせられています……! でもしっかりと文章で書き溜めてきたおかげで、『ゲームキャラクターイラスト上達講座』を執筆する際は非常に役に立ちました。最近は、『いちあっぷ講座』という「イラストの描き方」や「すぐ使えるコツ」を画像付きでご紹介するノウハウサイトも運営しています。

book
(参考リンク)
【出版奮闘記2】MUGENUPにしか出せない本ってどんなの?

このような形でMUGENUPのコンペ・コンテストは運用されています。お仕事まであと一歩! というクリエイターにとってはデビューのチャンスがいつも転がっています。興味を持っていただけた方は、ぜひ『MUGENUP STATION』よりご参加下さい。

Pocket
LINEで送る